喪中はがきを送る際のマナー

どこまでが喪中はがきを出す範囲?喪中の期間はいつまで?喪中はがきの疑問に答えます。

喪中はがきのマナー

喪中はがきを送るとき・受け取った時、どうすればいいの?
喪中はがきの基本的なマナーをまとめました

 

喪中はがきとは

一年以内に近親者に不幸があった場合、喪に服するために新年の挨拶を欠くことを事前に知らせる挨拶状(=年賀欠礼状)が、喪中はがきです。

最近の喪中はがきについての考え方

喪中はがきは、元々は神道の穢れの考えや儒教の影響などで定められた「服喪」という儀礼に、仏教の回忌の考え方なども加わり生まれた風習です。
しかし、最近では宗教的な儀礼としての意味より、故人への愛情・感謝の気持ち、また、故人を失ったことの悲しみの表現の側面が強くなってきています。

喪中はがきに正確なマナーってあるの?

喪中はがきは、歴史的にはまだ新しい風習で、はっきりと「これがルール」「これが正しい」と言い切れるものではありません。また各家庭のお考え・地域・宗教などによって異なることはいくらでもあります。
ですのでここでは、一般論や現在多数を占めている世間常識としての風習、また、その歴史や関連する事項なども紹介しております。皆様の参考になれば幸いです。


 

喪中はがきについてよくある疑問やマナーをQ&A形式でまとめました

喪中欠礼の範囲について

何親等までの親族に不幸があったら、喪中はがきを出すのでしょうか?

一般的には

故人との関わりの深さやご本人の気持ちによりますが、二親等まで出します。

最近の風習では

最近は一親等(両親・配偶者・子・配偶者の両親)と、二親等の兄弟姉妹までは、ほとんどの方が出すようですが、二親等の祖父母の場合は喪中はがきを出さない方が増えてきています。
故人と同居していた場合は出す、そうでない場合は出さないという判断も多々見受けます。
喪中はがきの判断を迷われた方は、年長者(この場合は父母)に相談しているようです。

さらに、二親等で悩みがちなのは配偶者の祖父母、配偶者の兄弟姉妹、兄弟姉妹の配偶者などのいわゆる「姻族」です。こちらも迷われた場合は年長者(この場合は配偶者の父母)に相談されているようです。

また、東日本震災の翌年から登場した「年始状」を利用される方も増えてきました。「喪中はがき」は大げさなように思うが、年賀状を送るのはやはり気が引ける、という方が、慶賀の言葉を入れない「年始状」を送られているようです。

以下の表は一つの目安です
親族の範囲 喪中はがきの目安
両親・配偶者・子・兄弟姉妹・配偶者の両親 ほとんどの人は出す
祖父母・配偶者の祖父母・兄弟姉妹の配偶者・配偶者の兄弟姉妹 出す人と出さない人がいる
三親等以下(おじ・おば・いとこ等) ほとんど出さない
遠い親戚(民法規定の親族以外の関係) 出さない

喪中はがきを出す相手の範囲について

喪中はがきは誰に出しますか?仕事関係の相手先にも出すべきですか?

一般論としては

年賀欠礼の挨拶状ですから、毎年年賀状を交換している方には出します。

実際の世間の慣習では

喪中であることを改めて報告する必要のない、いわゆる「身内」には出さない方が多いようです。
一方、公私を分けて考え、(特に姻族の喪中の場合は)仕事関係先へは例年通り年賀状を出す方が多いようです。
また、故人とまったく面識のない友人などにも、例年通り年賀状を出す方も増えてきています。
全般的な流れとしては、故人との関係が深い方には出しますが、故人と面識がない、または故人の存在を知らない方には出さない方向に徐々に変わってきているようです。

喪中はがきを出す時期について

喪中はがきはいつまでに出せばいいのでしょうか?ギリギリでもいいですか?

一般論としては

年賀欠礼の挨拶であり、年内(年賀の挨拶を行う新年の前)に届けば問題ありません。

実際の世間の慣習では

本来は年賀欠礼の挨拶ですが、喪中はがきを受け取った方も年賀状を送らないという風習が確立しています。
そのため、先方が年賀状の準備にとりかかる前の、11月中旬から、遅くとも12月初旬には届くように出すのがマナーです

喪中はがきをもらった場合

喪中はがきをもらいました。どのように対応すればいいでしょうか

一般論としては

寒中見舞いテンプレート【無料】 喪中はがきをもらった相手に年賀状を出すのは控えますが、松の内(1月7日)が明けてから「寒中見舞い」を送ります。

寒中見舞いの文例をご用意しました。ご参考にしてください。
また、寒中見舞いテンプレート【無料】もご用意しています。相手が喪中で年賀状を出すのを控えたときに代わりに送る寒中見舞いの文面が入ったものをお選びいただけます。

実際の世間の慣習では

喪中はがきをもらった相手に年賀状を出すのは控えます。
相手に自分の近況などを伝えたい場合は、松の内(1月7日)が明けてから「寒中見舞い」として送る方もみえます。
しかし、ほとんどはその年の年賀状を送らない、ということで終わらせる方が多いようです。

喪中はがきの書き方について

喪中はがきの文面は何を書けばいいですか?

文面の形式はほぼ決まっていて、あいさつ文、誰がいつ何歳で亡くなったか、そしてお礼の挨拶、日付を書きます。
喪中はがきの文例をご用意しましたので、ご参考にして書き換えてお使いください。
また、喪中はがきテンプレート【無料】もご用意しています。

故人の年齢は、数え年か、満年齢か、どちらを書けばいいですか?

喪中はがきでは、故人の年齢は「数え年」を使うのが一般的です。
数え年は、生まれた時点を1歳とし、それ以降元旦を迎えるたびに1歳ずつ年齢を加算します。
・その年の誕生日がまだの人は、満年齢+2歳が「数え年」、
・その年の誕生日を既に迎えた人は、満年齢+1歳が「数え年」となります。

喪中はがきの差出人は、家族連名か、個人か、どちらがよいのでしょう?

喪中はがきの差出人は、連名でも個人でもどちらでもかまいません。
夫婦連名で出す場合は、一般的に故人の続柄は、夫の側から見て書きます。(例えば、故人が妻の父だとすると「義父」と書きます)

喪中はがきは薄墨色で書くのですか?

不祝儀袋の表書きは薄墨色で書きます(悲しみの涙で墨が薄くなってしまったことを意味しています)が、喪中はがきの場合は、すでに葬儀から日にちが経っていることが多く、必ずしも薄墨で書く必要はありません。
しかし実際には、不祝儀=薄墨という意識はかなり定着しており、喪中はがきにも薄墨を使う方が多いようです。
地域やご家庭のならわしがあればそれに従うのがよいですが、分からない・不安な場合は薄墨色で書いておくのが無難でしょう。

喪中なのに年賀状が届いた場合

喪中を知らせていなかった相手から年賀状が届いてしまいました。どうすればいいでしょうか?

年賀状を送ることはできませんので、松の内(1月7日)が明けてから「寒中見舞い」を送りましょう。
年賀状をいただいたお礼、喪中であったために年賀状が出せなかったことを書いてください。
その場合の寒中見舞いの文例がありますので参考にしてください。
また、寒中見舞いデザインの入った無料テンプレートもご用意しています。自分が喪中で年賀状を出せなかった場合に代わりに送る寒中見舞いの文面が入ったものがお選びいただけます。
 

喪中はがきの歴史

喪中とは?

今や、ほとんど当たり前のように行っている喪中はがきですが、それほど古い由来の風習ではありません。
「喪中」という言葉は、近親者の死を受けてそれを悲しむ者が過ごす儀礼状態(「喪」「忌」といいます)に自分がなっていることを示す言葉です。「喪」「忌」は、古代の律令にその記述があることでもわかるように昔から続いている習俗です。

年賀状の風習はいつから?

一方、「喪中はがき」は年賀欠礼の挨拶状です。「喪中はがき」の風習は、郵便で年始の挨拶を行う「年賀状」自体が風習として定着した後に生まれたものです。

それでは、「年賀状」の風習が定着したのはいつごろでしょう。

明治十四年一月三日付「中外郵便週報」の記事に「葉書をもって親戚旧故への年始の祝詞を贈る風習、年々いや増して・・・」という記述(逓信総合博物館の資料より)があります。遅くとも明治十四年には流行りの風習として認識されていました。

喪中はがきはいつ始まった?

さて、それに対し「喪中はがき」(年賀欠礼挨拶状)はいつごろから始まったのでしょうか。

明治三十一年の英照皇太后(孝明天皇の女御・明治天皇の嫡母)の大喪に対し年賀欠礼の書状が散見されています。これが年賀欠礼挨拶状のはじまりかと思われます。
明治天皇崩御時には、「諒闇中年賀欠礼」の葉書(図)も出ています。
また、大正四年には昭憲皇太后(大正天皇の嫡母)の大喪に対し、「諒闇中につき年賀欠礼」の挨拶状が多数送られています。

喪中はがきの普及

この時代の「喪中はがき」(年賀欠礼挨拶状)は、このように皇室の大喪に対し官吏などが出したものでした。それが、次第に官吏以外の階層にも広まってきて、皇室の大喪だけではなく、個人の喪中のための「喪中はがき」(年賀欠礼挨拶状)が大正年間に徐々に一部階層に広まり、昭和初期には風習として確立したようです。

そして、その契機が皇室の大喪だったため、喪中期間を一年と考える現在の「喪中はがき」(年賀欠礼挨拶状)の風習が確立しました。

その後、年賀状の流行り廃りと軌を一にして、「喪中はがき」(年賀欠礼挨拶状)の風習も広く一般家庭にも普及していきます。
戦後のお年玉年賀葉書の爆発的なヒットで年賀状の風習が一般家庭に飛躍的に広まった昭和三十年代に、「喪中はがき」(年賀欠礼挨拶状)も一般家庭に広く普及し、現在に至っています。


 

関連コラム

親族の考え方 「喪中はがきの対象となる親族」で二親等と書きましたが、そもそも親族とはなんでしょうか。現在、日本では民法725条に定義があります。
第725条 次に掲げる者は、親族とする。
一  六親等内の血族
二  配偶者
三  三親等内の姻族
血族はいわゆる血縁関係(養子縁組を含む)です。配偶者は独立した扱いになっています。自己と同列として扱われ、血族にも姻族にも含まれないからです。

わかりにくいのは姻族です。血族の配偶者、または、配偶者の血族を指します。
三親等の姻族とは、三親等の血族の配偶者、または、配偶者の三親等の血族を指します。従って、配偶者の兄弟の配偶者は、そもそも姻族には当たらず、親族には含まれません。いわゆる「遠い親戚」です。
また、姻族は三親等まで、ということですので、例えば、いとこの配偶者は、四親等の姻族ですので、民法の規定する「親族」には含まれず、こちらも、いわゆる「遠い親戚」です。
喪の考え方 日本の「喪中」の期間は「忌」と「服」に分けられます。「忌」は、かつては神道の穢れの思想により、死の穢れが他の者に移らないように外部との接触を絶つという意味で遺族が外部との接触を断つことでした。神社にお参りできない、というのも同様の意味です。
この名残が現在の「忌引」です。「忌引」として仕事や学業を休むことは一般的な慣習として定着しています。

一方、「服」は儒教から来ています。基本は遺族の悲しみの表現です。家にこもる、着飾る気がおきないので質素な衣服(喪服)を着る、そして歌舞音曲を楽しむ気にならない、まして、祝い事をする気になれない、という遺族の気持ちの表現です。これが喪に服するということです。
この表現をすることによって、故人への愛情表現・また他の遺族への配慮を示しました。この「服」の延長に年賀欠礼があります。

さて、他人よりは親族、親族の中でも遠い親族よりは近い親族、さらに親・兄弟、というように自分と関係が近いほど悲しみも大きい、というのは当然です。また悲しみの癒える時間も長くなります。
そのため、儒教では自分との関係が近いか遠いかで「喪」の期間を変えています。身内は長い期間、遠い親族は短い期間、という訳です。

この種の決め事は、古くは律令のころからあり、江戸期には徳川綱吉のころ、儒家や神道家が中心になり編纂され、その後何度かの改定を経て、【服忌令】(ぶっきりょう)として制度化されました。また、明治七年には太政官布告で、武家式の服忌令の布告が出ています。しかし、現在はどれも廃止され制度としてもほとんど残っていません。

一方、現在でも残っている制度があります。「忌引」の特別休暇です。「忌引」の特別休暇はいろいろなところで決めています。国家公務員では人事院規則で、私企業では就業規則等で決められています。
身内が亡くなったから悲しい、という理由でいつまでも仕事を休まれてしまっては成り立ちません。そのため、特別休暇の期間を決めています。

しかし、おもしろいのは、今でも「忌引」を認める親族の範囲とその期間を親族の近さに合わせて休暇日数を変えていることです。
参考に、先ほどの国家公務員の例(人事院規則15―14第二十二条)を紹介します。この規則内の下線の但し書きが、喪中はがきを出す・出さないの判断に影響を与えているのかもしれません。

(12)  職員の親族(別表第2の親族欄に掲げる親族に限る。)が死亡した場合で、職員が葬儀、服喪その他の親族の死亡に伴い必要と認められる行事等のため勤務しないことが相当であると認められるとき親族に応じ同表の日数欄に掲げる連続する日数(葬儀のため遠隔の地に赴く場合にあっては、往復に要する日数を加えた日数)の範囲内の期間

(別表第2)
親族 日数
配偶者 7日
父母
5日
祖父母 3日(職員が代襲相続し、かつ、祭具等の承継を受ける場合にあっては、7日)
1日
兄弟姉妹 3日
おじ又はおば 1日(職員が代襲相続し、かつ、祭具等の承継を受ける場合にあっては、7日)
父母の配偶者又は配偶者の父母 3日(職員と生計を一にしていた場合にあっては、7日)
子の配偶者又は配偶者の子 1日(職員と生計を一にしていた場合にあっては、5日)
祖父母の配偶者又は配偶者の祖父母 1日(職員と生計を一にしていた場合にあっては、3日)
兄弟姉妹の配偶者又は配偶者の兄弟姉妹
おじ又はおばの配偶者 1日
※なお「祭具等の承継」とは、葬式・法事等祖先の祭祀を主宰し、系譜、祭具及び墳墓の 所有権を承継すること。つまり、喪主になる、墓を引き継ぐ、仏壇を引き継ぐ、ということですね。
さりげなく規則にこういう言葉が入っているのがおもしろいですね。

※喪中はがきの風習には明確な決まりはなく、地域や宗教・宗派、また各家庭のお考えなどによっても異なります。あくまで参考程度にしてください。

   年賀状プリント決定版TOPへ戻る  


年始挨拶用に、名刺を作りませんか?名刺作成Webアプリが無料です

コラム・特集

年賀状文例集

年賀状文例集

上司や取引先に送って失礼のない挨拶文は?結婚や転居の報告文面は?様々なシーンで使える文例が満載です

年賀状一言・添え書き10選

好感度抜群!【年賀状一言】添え書き10選

友達・親戚・上司・同僚など、誰に伝えても、もらって嬉しくなるメッセージを厳選しました

お客様への年賀状

お客様への年賀状

ショップ・直販業者様へ。大切なお客様に心をこめて、スタッフの写真やメッセージの入った年賀状を送りませんか?


arrowTOP