超簡単!素敵な写真入り年賀状を作るテクニック−デザイン見本10選

超簡単!素敵な写真入り年賀状を作るテクニック−デザイン見本10選

最近では、スマホを使っていつでも、どこでも写真が撮れるようになったためか、写真入りの年賀状を送る人が増えています。

写真を飾る華やかな写真フレームテンプレートもたくさんありますが、もう少しシンプルに仕上げたいという方のために、「写真を使った年賀状を超高速でハイクオリティに見せるデザイン術」をご紹介していきます。

※写真入り年賀状の編集には、無料で使えるWebアプリ「写真派年賀状」をご利用ください。


「写真」と「文字」の配置で見栄えが変わる!

デザインと聞くと、「色やイラストを多彩に使い作りこむ」ことをイメージするかもしれません。しかし、良いデザインに重要なのは、「大きさ」と「配置」です。

つまり、写真と文字の「大きさ」と「配置」を変えるだけで、簡単に良質なデザインに仕上げることが可能なのです。

それでは、デザイン見本を10点ご紹介していきます。


1、青空と白抜き文字のデザイン

青空と白抜き文字のデザイン年賀状

青空が下地になり、白い文字を乗せることで、全体が爽やかな印象になっています。

たとえば、自撮り棒を使って上部に空が入るように撮ると、年賀状としてデザインしやすい写真ができあがります。

仕上がりイメージを頭に描いて写真を撮れば、文字を加えるだけで、あっという間に年賀状が完成します。さらに、「戌」の文字をワンポイントに添えることで、年賀状らしさが演出できます。


2、壁の背景を上手く使ったデザイン

壁の背景を上手く使ったデザイン年賀状

年賀状全体の基調となる写真の上に、横並びに4つの写真を加えています。

壁を背景にすることで、写真の中に多くの余白を残すことができます。その余白に写真を重ねたり、メッセージをのせれば、年賀状の完成です。


3、写真がメインのデザイン

写真がメインのデザイン年賀状

写真を最大限に引き立てる年賀状を作りたい場合は、情報を少なくしたり、文字を小さくするのがポイント。こうすることで、オシャレ感のあるデザインに仕上がります。

主張しすぎないワンポイントの入れ方のテクニックとして、たとえば背景と同色の「戌」の文字を背景よりも濃い色にして透かすと、刻印のように映ります。


4、半透明の四角い帯を交差させたデザイン

半透明の四角い帯を交差させたデザイン年賀状

Photoshopなどの写真加工ソフトでは、四角形など図形を透かす時に、「乗算」という半透明モードを使います。「乗算」とは、色を重ねることで暗くすることです(「写真派年賀状」では透明度を調整)。

この見本のように、写真の上に文字をのせるための下地を設ける場合、完全に不透明にしてしまうと窮屈になってしまいますが、少し背景の写真を透けて見えるようにすると、圧迫感が軽減されます。

見本では、縦と横、両方に半透明の青色の帯を作って交差させていますが、このスペースに、白抜きのメッセージや添え書きをたっぷり入れることができます。


5、半透明の四角い帯をのせた「乗算」デザイン

半透明の四角い帯をのせたデザイン年賀状

上の見本は、写真の上にオレンジの四角形を作って、半透明にし、その上から「HAPPY NEW YEAR」の文字を添えています。たったこれだけ。オシャレなポストカードのようなデザインに仕上がります。


6、オシャレで目を引く横長写真のデザイン

オシャレで目を引く横長写真のデザイン年賀状

オシャレで目を引くデザインにするポイントは、普段目にしない「特別な形」を作ることです。

私たちは縦横比4:3や16:9の写真をよく目にしますが、パノラマのような写真はあまり見かけませんよね。これを利用します。

はがきの上と下に、横幅一杯にパノラマサイズの写真を収め、真ん中に白帯を加えることで、2枚の写真をまとまりよく配置することができます。


7、白いブロックを使ったデザイン

白いブロックを使ったデザイン年賀状

写真に白いブロック(四角形)を入れて、少し透かして、その上に文字を入れただけのデザインです。文字が多くなれば、ブロックを大きくすればよいので、添え書きのようなコメントを自由に入れることができます。

顔の近くのコメントのブロックを吹き出しにすると、語っているように見せることができます。


8、黒の半透明+白文字デザイン

、黒の半透明+白文字デザイン年賀状

写真全体を黒の半透明で覆い、白抜きの文字をのせると、簡単にスタイリッシュな写真年賀状に仕上がります。

写真をそこまで強くアピールしたくない人や、良い写真がない場合は、こうしたデザインはかなり使えます。はがき全体に黒の半透明がかかっているため、好きな場所に白抜き文字を入れることができます。メッセージや添え書きをふんだんに書きたい方にもおすすめです。


9、写真を複数使ったデザイン

、写真を複数使ったデザイン年賀状

はがきいっぱいに複数の写真を余白なく収めて、真ん中に白い帯をのせ、賀詞や添え書きを入れただけのデザインです。

いろいろな場所で撮った写真を載せるのも楽しいですが、同じ場所で撮った写真を集めると統一感が出て、デザインとしてはまとまりやすくなります。写真で主張が強い色を帯の上にのせる文字色にすることで、統一感のある年賀状デザインに仕上がります。


10、壁を背景に撮った写真でできるデザイン

壁を背景に撮った写真でできるデザイン年賀状

人物を端に寄せ、壁のスペースを大きくとって撮影します。

余白に賀詞や添え書きなどが書き込めますが、この時、文字色を壁と同系色で、色を濃いものにすることで、オシャレなデザインになります。さらに、「HAPPY NEW YEAR」など、年賀状のキャッチコピーとなる賀詞を大きく、添え書きを小さめにすると、デザインにメリハリがある年賀状に仕上がります。


最後に:「写真派年賀状」でデザイン編集にチャレンジしてみよう

以上、「素敵な写真入り年賀状を作るテクニック−デザイン見本10選」をご紹介してきました。あれこれ手を入れなくても、写真や文字の配置や色使いで見栄えのよいデザインが作れることがおわかりいただけたかと思います。

高機能になったデジタルカメラやスマホカメラで誰もがよい写真を撮れる時代になっていますから、写真を活かしたデザインのコツを覚えておくと、年賀状だけでなく、挨拶状や資料などを作る時にも役に立ちます。

これらのテクニックは、年賀状プリント決定版で提供している、写真入り年賀状を作るためのWebアプリ「写真派年賀状」でデザインを編集する際にも使えます。

写真派年賀状」では、写真の上に帯をのせたり(「文書」枠の利用)、帯の色を半透明にしたり、様々なフォントが使えます。パソコンはもちろん、スマホでも使えますので、2018年の年賀状作成にはぜひ「写真派年賀状」をご利用ください。



おすすめコラム

   年賀状プリント決定版TOPへ戻る  


年始挨拶用に、名刺を作りませんか?名刺作成Webアプリが無料です

コラム・特集

年賀状文例集

年賀状文例集

上司や取引先に送って失礼のない挨拶文は?結婚や転居の報告文面は?様々なシーンで使える文例が満載です

年賀状一言・添え書き10選

好感度抜群!【年賀状一言】添え書き10選

友達・親戚・上司・同僚など、誰に伝えても、もらって嬉しくなるメッセージを厳選しました

お客様への年賀状

お客様への年賀状

ショップ・直販業者様へ。大切なお客様に心をこめて、スタッフの写真やメッセージの入った年賀状を送りませんか?


arrowTOP